book

黒い花びら

先週「横田順彌氏を偲ぶ会」にて、高齋正氏からジャック・ブラバムの自伝は邦訳は出ていないと指摘されて、日本語訳で読んだ記憶があったのになぁ…と思っていたが、手元に現物がないので確認できず。 確認するには田舎帰って三日ほど書庫を漁らないと駄目か…

燃えよドラゴンズ

先日の「横田順彌氏を偲ぶ会」のお土産でいただいた本。 seirindousyobou.cart.fc2.com 非常に充実した内容であった。横田順彌というSF作家、SF研究家、古書マニアの側面はほぼ網羅されているのではないかと思うほど内容が濃い。 個人的にもの足りないのは、…

趣味趣味音楽

郵便ポストとコンビニに行っただけで終日閉籠り。それでも歩数計の表示は3000歩近くとは… 昨日いただいた未来趣味をつらつらと眺めて終日。 BGMはコルトレーン、マイルズ、あきれたぼおいず、クレージーキャッツ、さだまさし、大滝詠一、AKB48、放課後ティー…

恋の山手線

www.kosho.ne.jp 初日の金曜日に予定通り行って浅田飴を貰って来た。(笑) 持って無い本が多数展示されていたのでそれだけで行った甲斐があったが、 真木じゅん「さがして、愛のキューピッド! 」の書影が見れたのが最大の収穫かもしれんなぁ(をゐ) 関係者に伺…

火浦功が出た

いや、亜麻損に書影が出ても信じていなかったが…竹本泉の表紙と知って、後書漫画はある*1だろうなと思ってしまったのは、両方のファンだったら、皆思った事であろう(笑) 中身は短編集だが、次の作品は生きている内に*2出るんだろうか(をゐ) *1:と云うか、漫…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる 私の巣」読了。 一応リリアン舞台だけど、本編の舞台を借りて書かれた別作品と言っても良いかな。 素直な少女小説*1って最近はあまり見掛けないので、とても貴重だな。主人公の内面を吐露するだけの最近の小説群*2に比べて、内と外のバラ…

ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡

読了。 写真とインタビューで構成されたムック。 1998年のベイスターズ優勝の時は姫路在住だったが、日本シリーズが始まる頃には居ても立っても居られなくなり、浜スタのチケット買えなかった*1のに、仕事を総てキャンセルして横浜迄来ていた事を思い出すな(…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる リトル ホラーズ」読了。 のりしろ部分は菜々視点で話が進む短編集。 一応皆勤賞継続した蔦子さんの出番が少ないのは残念だが…(笑)個々の短編は兎も角、のりしろ部分読んでて思うのは、やはり後輩視点から見た話*1は面白そうである。この…

GLASS HEART イデアマスター

読了。 長い付き合いのグラスハートシリーズの最終巻。 足掛け十五年の付き合いか…読み終えるとヘトヘトになるが読むのを止められないというテンションの高いシリーズ*1だったなぁ…第二部からイラストが羽海野チカに替わったので絵柄とテンションのギャップ…

お釈迦様もみてる

「お釈迦様もみてる 学院のおもちゃ」読了。 これはこれで面白い。 マリみてとは違う、妄想が暴走しかねない題材の所為か、ゲストキャラで祐巳ちゃんが出てたなぁ…続きも楽しみ。

みのりちゃんの実験室 世界征服のすゝめ

読了。 みのりちゃんシリーズの纏め。 残念ながら挿絵はいしかわじゅんでは無かった… 他のキャラは中々良い感じだが、サトルだけはいしかわキャラの「スノウチサトル」でないと落ち着かんよな(をゐ) 今何処で如何しているのであろうか…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる ハロー グッバイ」読了。 第一部完。全巻に引き続きゲストキャラも豊富で、この長いシリーズを締め括るのには相応しいカーテンコールって感じかな。 早々に第二部開始とは行けないかも知れんが、楽しみに待つ事にしようか。 内容は…ヘタ…

銀河英雄伝説

読了。 7巻以降は一気に読みたかったので、此処まで引っ張ったが、やはり正解だったわ。(笑)取り敢えず一気読みして思ったのは、やはり小説で読むのが一番だよな…コレは。 アニメ*1やらマンガ*2だと、想像力に枷が掛けられて仕舞うんだよなぁ。 だからと言っ…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる 卒業前小景」読了。 相変わらず短編を繋ぎ合わせて一冊に纏めるのが上手いよなぁ。時間軸が行ったり来たりする辺りが一寸戸惑ったけどね。 卒業式前日迄来て原点復帰*1ってのも中々読んでいて嬉しいな。文庫一冊目の雰囲気に近い気がする…

貰い物

伊藤浩一 nico.の代わりに我が家に来た本。EMは今の所購入予定は無いけど、ありがたく読ませて頂きます。 …しまった、著者からの戴きモノなんだから、署名貰っとけば良かったかも(笑) 自分が喋るのに夢中でその場では思い付かなかったわ(をゐ)

マリア様がみてる外伝?

「お釈迦様もみてる 紅か白か」読了。 こんな男子高なぞ無いよなぁ*1…って云う位ファンタジー*2なお話かも知れず。(笑) しかし、福沢姉弟、平凡だとか云っていたが、シニア出身で野球強豪校からスカウトされる位の実力ってのは、平凡とは呼べないと思う*3ぞ…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる マーガレットにリボン」読了。 …ボーナストラック?(笑) 懐かしい顔触れがぞろぞろと出て来たなぁ。第一期完結の顔見世興行って感じかな。 後書きの雰囲気からは、この巻で取り残していたネタの回収して、次の巻でフィナーレ。で主役交代…

銀河英雄伝説

読了。 内容的には後半に向けてのインターミッションって感じの巻だよな。 で、内容は兎も角…実は解説にある「銀英伝」のアニメって見た事無いのよねぇ…まあ、今更改めて見る気も無いが…次は眉村卓「司政官」シリーズの短編集か…恥ずかしながら手出ししてな…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる キラキラまわる」読了。 個人的なツボは、乙女な内藤笙子ちゃんと男前な武嶋蔦子さん…もだけど、「タケシマカメラ」に並んでいた年代物カメラかなぁ(笑)今回の話はカメラを持っていない蔦子さんのインパクトが余りに強くて、ツンデレな瞳…

グリーン・レクイエム/緑幻想

読了。 流石に旧版のあとがきは入って無かったか…(笑) 再読して思うのは、「グリーン・レクイエム」ってこんなに短かったっけ…中身詰まっているから短く感じなかったんだよなぁ。 それと、「緑幻想」の最後、拓の手紙の中で世界樹に語らしている環境問題*1。…

銀河英雄伝説

読了。 この巻に仕掛けられているガジェットは、例えば正規軍のゲリラ活動であるとか、最高権力者によるクーデターとか、それまで見たことも無いような仕掛けが多かったのが、リアルタイムで見ていた時にワクワクした原因なんだろうなぁ…と読み返して気が付…

ニワトリはいつもハダシ

読了。 「みのりちゃん」かと思っていたら、こっちだったか。ノベルス再発は早川、集英社と来て角川か。とすると次は徳間だろうか… 買ってから気付く。こんな厚くなる話で無かったよな…まさか、文庫版と雑誌掲載版の両方収録だったとは。 文庫の後書きで雑誌…

マリア様がみてる

「マリア様がみてる 薔薇の花かんむり」読了。 長い長い紅薔薇の蕾誕生物語が完結。これくらいあっさりで良いんでないかな…引っ張るだけ引っ張ったしね。(笑) 乃梨瞳の芸達者振りを見ていると、この二人中心で続きを期待したくなるよなぁ。考えてみればコバ…

マリみて

無印から「フレーム オブ マインド」迄30冊一気に読み返して思うのは…初期より今の方が好みであるって事だな。 メンバーをどんどん入れ替えて続いていく事を祈ろう。

遺跡の声

読了。 漸く買えた…何故こんなに苦労しなくてはいけない*1のやら。(笑) 「トリニティ」*2シリーズを纏めた短編集。 アスペクトノベルス版「遺跡の声」に、SFジャパン2007年夏号に収録された「渦の底で」を加えた決定版*3。 第一作目が書かれてから30年近く経…

ヲヰ

閉店間際の書店に駆け込んで「遺跡の声ありますか?」「売り切れです。」…「バビロニア・ウェーブ」と同じパターンかよ、頼むからもう少し数入荷しとけよな。

ローマ人の物語

「終わりの始まり」読了。 誰の科白だったか…「ローマ帝国は世襲を選択すると駄目になる」ってのを思い出した。 確かにアウグストゥスは3代、マルクス・アウレリウスやセヴェルスは次代に暗君が現れているからなぁ… 「何もしない事」が罪になるってある意味…

銀河英雄伝説

読了。 この巻辺りから歴史小説としての本筋に入って行っている気がするな。歴史小説家としての田中芳樹に好感が持てるのは極力キャラクターに感情移入をせずに書き進めて行っている辺りなんだよなぁ。 SFとしては解説の堺三保の指摘の様に説明されていない…

不確定世界の探偵物語

読了。 トクマノベルスで出ていた事に全く気付いて無かったりして…(笑) と言うか、鏡明の小説で知っていたのは岡田英明*1名義で参加のリレー小説「太陽が消えちゃう」*2位しか知らなかったのよね。(をゐ)一読して感じたのは「整合性の取れているフィリップ・…

銀河英雄伝説

読了。 主要キャラはこの巻迄にほぼ出尽くした…ってのは今から見直しての反応か。 徳間ノベルス版をリアルタイムで買っていた時には、続きは大丈夫だろうかとドキドキしながら読んだ記憶があるなぁ。 この頃は、田中芳樹もそんなに待たされずに新刊が出てい…